その神経が分からん!その7

http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1427877615/

301: 名無しさん@おーぷん 2015/04/16(木)14:19:41 ID:JCl
キラキラネームがはやり過ぎて、平成生まれの私の名前もキラキラネームと言われた話

私の名前は漢字二文字で、子○と書く
読み方はシキ
私は生まれる前から難産が解っており、生きて生まれてこれたことが奇跡だった
だから健康に生きていけるように子という字を一文字目につけたそうだ
キの文字は由来を話すと漢字がばれるので濁すけど、人生大往生した祖父の漢字を貰った

人様からは、まずシキは男の名前でしょと言われる
そして「子」の時が一文字目なんて変だと叩かれる
それに対し由来を話して反論すると、「シキって死期の間違いじゃないの」と陰口を叩かれることもある
そんな名前をつけた親は頭がおかしいし、キラキラネームは恥ずかしいと言われた



ご近所に私と同じ年の男がいて、その親が特にしつこかった
年賀状の私の名前が「死期」になってポストに直接入れられていたし、自治会のイベントの参加者名簿も「死期」に赤字で書き換えられていた

小学生のころに抗議したら「生まれた時死にそうだったから死期なんでしょ?死に損ないにぴったりじゃない」と言われた
母に泣きついたが「あの人は頭がおかしいから、相手にしてはダメよ」と諭された
当時は解らなかったが高校生になった今なら母の言い分がよく解る
高校受験の際、一枠だけの推薦枠を勝ち取った私に対し、
「キラキラネームなんか名前だけで落ちる、辞退しろ」と推薦枠狙ってた女の子2人から散々責められた

私を死期と呼ぶバカ親も嫌がらせの手紙をポストに残していった
ウチの息子の為に推薦枠辞退しろという
お前んところの肉塊息子はまず成績五倍にしても推薦条件に当てはまらねーよ
お陰で絶対黙らせてやる、と執念で倍率三倍超えの試験にパスして無事合格を貰えた


確かにキラキラネームも増えたが、なんでもかんでもキラキラネームと言うのは止めて欲しい

302: 名無しさん@おーぷん 2015/04/16(木)14:50:15 ID:x2H

あなたの親御さんはきちんと考えて子供のために願いを込めてシキって名づけたんだろう
その名前にあなた自身が誇りを持っているなら他人がギャーギャー騒いだりもおかしいと思う
お母さんのおっしゃる通り、頭のおかしい人は相手にしないほうがいい

でもね…
縁起の悪い言葉や卑猥な言葉に読みや漢字が被っているという点は、よくいう“キラキラネーム(DQNネーム)”の条件に当てはまってしまう気がする

海月ちゃんという名前がDQNネームの例でたびたび挙がるけど、海も月も名づけに使うこと自体はおかしくない漢字でしょ?
読みは「みつき」ちゃんでも、「くらげ」と読めちゃうから、DQNネームとして認識されている

子も、(漢字はわからないけど)キも、名前に使うのがおかしくないとしても
シキ=死期って連想させちゃうのはやっぱキラキラネームと言われても仕方ないような…

シキが男の名前っていうのは、正岡子規を連想するからだろうか

303: 名無しさん@おーぷん 2015/04/16(木)15:01:21 ID:JCl
>>302
ご意見ありがとうございます
正岡子規から男の連想はその通りかなと思います
キの文字は命や生を意味する文字で祖父がつけられたので、死期と真逆の漢字なんですけどね

それに正岡子規もシキなように、昔からある読みの名前なので、それをキラキラネームと言われるのも納得がいきません
漢字の読みをぶった切っているならまだしも、そんなこともないですし、読み間違えられたこともありません
海月ちゃんとか心太くんはそのままストレートに「クラゲ」や「トコロテン」と読めてしまうので避けられているのかなと思います

私の名前は漢字も見れば死期に直結する字面ではないので、何でしつこく漢字を変えてまで死期につなげるのか理解できません
一般的な人もシキと言うと、死期ではなく「正岡子規」をイメージされます
小学生でさえ正岡子規を知ってる子もいて、名前が似てるねと言ってくれたりします

304: 名無しさん@おーぷん 2015/04/16(木)15:19:02 ID:I4L

不快にさせちゃってすみません
私も、シキという名前自体はいいなと思いますよ
正岡子規でも死期でもなく、四季をイメージしたな自分は

正岡子規と名前が似てるねと言ってくれる人がごく普通の常識ある人間のセリフなのであって、
それは当然だと思います
例え心の中で死期のほうを連想したとしても、口には出さないのが常識だしね

シキという名前に固執して嫌がらせしてくる人たちがアホだなと思うし腹立つのは私も同感だよ
自分も、読みはごくありふれた(むしろ同年代で一番多いかもしれない)名前の○○子なんだけど、
漢字がちょっと珍しい、なかなか変換できない漢字なもので、本来の読みとは違うふうに読まれてそれがそのままあだ名になった時期もありました

自分の名前が嫌でもなくご両親の心がこもった名前であるなら、キラキラネームであるかどうかは別に気にすることないじゃん!
キラキラネームという名称(括り)に囚われすぎだよ!
…ということを言いたかったのです
自分でもレスした後に、下手な文章書いてしまったなと思った
ごめんなさいね

306: 名無しさん@おーぷん 2015/04/16(木)16:15:59 ID:AJG
キラキラネームの怖い所は、判定する側が一方的に決めつけられる事だなぁ

ゼウス君みたいな判りやすいのはともかくw、学の無い面接官や試験官が
キラキラネームと決めつけて入学試験や就職試験で一方的に切り捨てられるのは怖い

312: 名無しさん@おーぷん 2015/04/16(木)17:48:24 ID:lmT
>>306
学があってもキラキラネーム付けてる文豪はいっぱいいるよ。

教養の問題より当人の人格の問題だと思う。
子どもが苦労しないかどうかより、 世界に一つだけの名前!オレサマorアタシのセンスってサイコー! と
陶酔して付けた名前はDQNネームだろう。
由来とか昔からある名称とかそんなのは関係ない。
子どもの名前に親の個性を出そうとするのが間違ってる。

318: 名無しさん@おーぷん 2015/04/16(木)21:46:50 ID:Srq
>>312
森鴎外の悪口はそれまでだっ!!

316: 名無しさん@おーぷん 2015/04/16(木)19:08:04 ID:hIV

>正岡子規もシキなように、昔からある読みの名前なので、それをキラキラネームと言われるのも納得がいきません

子規に限らずある程度以上昔の人名だと
現代人視点でおかしく感じてもこの時代ではこれが普通だったのかもとスルーされてる場合も多そう

あと詳しく知らないけど正岡子規は本名じゃなくて俳号だよね?
雅号と本名じゃ印象や扱いが違っても仕方ないと思うよ
私は本名としてのシキはキラキラネーム寄りの印象を受けたけど
>>304に全面的に同意で名前に違和感を持ったからって嫌がらせする方が明らかにおかしいし
自分の名前も由来も名付けた人も誇って勉強に励んだ303は立派だと思う

327: 名無しさん@おーぷん 2015/04/16(木)23:13:55 ID:IbK
というか正岡子規の名前は常規(つねのり)だ

321: 名無しさん@おーぷん 2015/04/16(木)22:34:34 ID:zvY
キラキラネームって、日本人に不釣り合いな響き、漢字ぶった斬り、明らかな隠語、とかだと思ってた
シキは聞き慣れた音だし四季は今でも日常で使う響きだから耳あたりに違和感もない
日本人だと解る響きでもある
それに正岡子規はそんな昔の人ではない

平成二桁の世代でも太郎くんは溢れているし、○子ちゃんも溢れている
○郎や○子は世代を感じさせない名前なように、シキも古いとも新しいとも感じない
キラキラネームだと感じる感性のほうが違和感がある

328: 名無しさん@おーぷん 2015/04/16(木)23:35:40 ID:hIV
>>321
例えば紐だって聞き慣れた音だし今でも日常で使う響きだから耳あたりに違和感ない
日本的な響きだけど人名にヒモってつけたら綺麗な字面を当てても違和感あるじゃん
芸名やペンネームで本人の意志で自らヒモと名乗るなら何の問題もないけど
常用される単語でも一般的に人名として認識されていないものを
親なりなんなり本人以外が本名として名付けるのはキラキラネーム思考かなと思った

確かに正岡子規はそんな昔の人ではないけど「シキさん」の例が正岡子規しか出てこないくらい
シキは人名として珍しいんじゃないかな

332: 名無しさん@おーぷん 2015/04/17(金)00:03:34 ID:GCa
>>328
そりゃ紐は人間に対して使うと悪い意味にしかならねーから当然じゃん
紐を持ち出すとか意地悪すぎるわ

329: 名無しさん@おーぷん 2015/04/16(木)23:42:15 ID:wLa
四季ちゃんはともかく、自分が読めないからってキラキラ扱いする人は確かにいるね
別に音訓混ぜたりブツ切りしてるわけでもなく、国語で習う読みで、
MSIMEでもgoogle日本語入力でも変換できる名前なのに

338: 名無しさん@おーぷん 2015/04/17(金)02:58:11 ID:vd9
へえ、キラキラネームもといDQNネームって、親が子どもをペットやアクセ感覚でつけた名前のことだと思ってたけど
ここを見る限り珍名もDQN扱いされるんだな

シキなんて死期以上に士気、志気、子規(ホトトギス)、至貴、識、など
良い意味が沢山あるのに、そのイメージを捨て去って死期に直結させることに驚いた

340: 名無しさん@おーぷん 2015/04/17(金)07:37:04 ID:aea
>>338
名前って、他者が個人を識別するのに使われる場面が多いから
親の名づけに対する感覚だけではなくて
第3者から見た場合どうかっていうのが大きいと思う