その神経がわからん!その16

http://www.logsoku.com/r/open2ch.net/kankon/1452165268/

618: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/21(木)00:14:47 ID:kbd
中学1年の時の担任Aと生徒Bの話。

クラスにいた発達障害の生徒Bはグレーゾーンぎりぎり。
入学時に彼の両親から色々と言われていたのか、
担任AがBを呆れるほど贔屓し、しかも男子生徒には凄まじい暴力を振るう。
暴力教師がバックにいるわけだから、Bには怖いものなどなく、
何か気に入らない事があれば直ぐにAにある事ない事を告げ口し、
その度にクラスメートの男子生徒は酷い暴力を受けた。
オレも例外ではなかった。
中でも、孤児施設から通っているCは苦情を言ってくる両親がいないため、
現在では想像も出来ないほどの虐待を受け、グレてしまった、
小学校時代、Cとは友人だったため、余計に痛ましく感じた。

教師Aが全て悪いとは思うが、叩かれ覚悟で言う。
グレーゾーンの子供を持つ親は、普通の学校に通わせてほしくない。
自分の子供が、他の生徒達にどれだけ負担を押し付ける事になるか考えてほしい。
その願いは自己満足以外の何物でもないのだ。



619: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/21(木)00:29:52 ID:jBQ

グレーゾーンは普通学校以外行き場がないのも問題だと思うけど
情緒の特別学級は各自治体に数えるほどしかなく、通級は更に少なく、特別学校に至っては知的判定なしの発達障害はまず通えない仕組み

発達診断済みでも手帳があっても知的に多少の問題があっても軽度なら普通級判定しか出ない
どれだけ要望だしても無駄
ましてやグレーゾーンなら絶対に普通級以外に入れられない
普通級に行かせたくないなら不登校しかないけど、これはむしろ学校側と教育委員会が阻止したい選択肢なんだよね
親には公教育に関して何の権利もないのと同じ

623: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/21(木)03:20:06 ID:iF0

クラスの状況を誰も親に言わないのかね?
618も含めさ。
多勢で対抗できたはずなのにしなかった。
Cをスケープゴートにしといて、心が痛いとかポエムっている神経がわからない。

625: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/21(木)08:05:36 ID:kbd
>>623
まだ体罰が禁じられていない時代だったんだよ
親にも言ったけど、
「先生に叩かれるのは、それだけの事をしたから」ってんで、
オレが殴られた時も
「もう、悪い事はしないように」
と言われただけたった。

622: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/21(木)02:46:15 ID:Vxl
ほぼ池沼って女と6年間同じクラスだった
これも例によって母親が一般クラスにねじ込んで来たらしい
怪我させられたり散々だったわ

624: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/21(木)06:24:22 ID:9r8
中学に上がったとき友人が他校から来た池沼に恋愛的な意味で目をつけられて、嫌すぎて結局不登校になっちゃった
一生懸命ガードしたけど「○○さーん!」って突っ込んでこられるとどうしようもないんだ体格も力も凄いんだもん
教師は守ってくれなかったんだよ…

628: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/21(木)09:11:27 ID:fhM
小学校のとき同じクラスの池沼のお世話係にされたなあ
授業は特殊学級へ行くんだけどそれ以外は普通学級で過ごす
から登下校、給食、掃除、すべてそいつと組まされた。
家まで近所で放課後も付きまとわれた。

同性ではあるけど身長も体重も自分より大きくて特に体重なんか
2倍近くある巨体で天衣無縫なそいつをまず学校に連れていくだけで
へとへとだ。今みたいに集団登校もなかったし。

クラス替えは2年ごとなんだけど5年生になる前に担任がそいつと同じ
クラスにしておくからよろしくねみたいなことを言ってきて
親に泣いて訴えて親が何度も学校や教育委員会にかけあってくれて
離れることができた。登下校は相手の親くるみで粘着されそうだったけど
飼育係になってすごく早く登校するようにしたらついてこなくなった。
他にも近所の子いたのに何故私だけつきあってたんだろう。不思議だ。
20年近く前の話だけど思い出した。

630: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/21(木)09:21:22 ID:nG9
>>628
教師も美味いこと押しつけられるある意味責任感があって押しに弱い子を狙うんだよ
池沼のお世話係にされてる子みんなこのタイプだった
あと、兄弟に池沼がいる子で兄弟の池沼が同じ学校じゃない子
慣れてるんだからできるでしょって押しつけられて家では兄弟の面倒見させられて
死んだ魚みたいな目をしてた